We need to talk: Communication prevents inaction by leveraging goodwill

We need to talk: Communication prevents inaction by leveraging goodwill

おすすめプレスリリース

バイオインタフェース研究ユニットのMarko Jusup特任助教の国際共著論文

“Communicating sentiment and outlook reverses inaction against collective risks”

Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America に掲載されました。(DOI: 10.1073/pnas.1922345117

プレスリリースはこちら

WRHIに関するお問い合わせ
お問い合わせは、メールにて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。