非線形のふれあい:多様なネットワークの結びつきが複雑なダイナミクスをどのように形成するのか

非線形のふれあい:多様なネットワークの結びつきが複雑なダイナミクスをどのように形成するのか

おすすめプレスリリース

バイオインタフェース研究ユニットの小池康晴教授、吉村奈津江准教授、Ludovico Minati特任准教授の共著論文

“Connectivity influences on nonlinear dynamics in weakly-synchronized networks: insights from Rössler systems, electronic chaotic oscillators, model and biological neurons”

が米国電子電気学会(IEEE)のオープンアクセスジャーナルである「IEEE Access ( Volume: 7 ) 」に掲載されました。(DOI: 10.1109/ACCESS.2019.2957014

プレスリリースはこちら 

研究代表者 小池康晴

WRHIに関するお問い合わせ
お問い合わせは、メールにて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。