【開催報告】Virginijus Siksnys特任教授就任記念シンポジウム

【開催報告】Virginijus Siksnys特任教授就任記念シンポジウム

おすすめイベント報告

現在日本でもマスコミに取り上げられるほど知られるようになったゲノム編集。
この技術開発に大きく貢献しているVirginijus Siksnys博士(リトアニア・ヴィリニュス大学)のWRHI特任教授就任を記念し、11月22日(金)に、すずかけ台キャンパスでシンポジウムを開催致しました。
 
プログラム———————————————————————————————————————————-
15:00-15:05:Opening remarks
・Hisakazu Mihara
(Professor and Dean, School of Life Science and Technology, Tokyo Institute of Technology)
15:05-15:45:”Exploring diversity of the Class 2 CRISPR-Cas nucleases”
・Virginijus Siksnys (Professor, Vilnius University)
(WRHI Specially Appointed Professor, Tokyo Institute of Technology)
15:45-16:20:”From encounter with a mysterious repeated sequence to genome editing technology”
・Yoshizumi Ishino(Professor, Kyushu University)
16:20-16:35:Break
16:35-17:00:”The role of the TolC outer membrane channel and indole in the regulation of acid resistance in Escherichia coli”
・Masaaki Wachi (Professor, Tokyo Institute of Technology)
17:00-17:25:”Identification of an extraordinary long-range cisregulatory element for odorant receptor genes~application of genome engineering techniques”
・Junji Hirota(Associate Professor, Tokyo Institute of Technology)
17:25-17:50:”Photosynthesis research with CRISPR/Cas9-based gene targeting in the model plant Arabidopsis”
・Shinji Masuda(Associate Professor, Tokyo Institute of Technology)
17:50-17:55:Closing remarks
—————————————————————————————————————————————————–
 
国際共同研究を活性化させるというWRHIプログラムの目的を達成させるために、本シンポジウム以外でも様々な双方向の学術交流を行い、実際に複数の本学教員と共同研究が始まることとなりました。
 
文責:相澤康則(生命理工学院 准教授)
 
WRHIに関するお問い合わせ
お問い合わせは、メールにて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。