機械学習の「記憶」を活用し、高分子の熱伝導性の大幅な向上に成功:森川淳子教授、Christoph Schick特任教授

機械学習の「記憶」を活用し、高分子の熱伝導性の大幅な向上に成功:森川淳子教授、Christoph Schick特任教授

おすすめトピックスプレスリリース

森川淳子教授とChristoph Schick特任教授らの研究グループは、独自の高速熱分析の手法と機械学習の解析技術を用いて高熱伝導性高分子を設計・合成し、従来の高分子に比べて約80%の熱伝導率の向上に成功しました。

詳しくはこちら