平成31年3月度海外派遣報告 飯野裕明准教授

平成31年3月度海外派遣報告 飯野裕明准教授

活動報告

出張成果報告

WRHIの海外派遣支援により、英国ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所のSirringhaus教授との共同研究「液晶性有機半導体のHall測定による内因的な電荷輸送特性の評価とその高移動度化の解明」を実施した。素子(計8つ)を日本で作製、ケンブリッジに持参しHall測定に必要な最終加工(有機半導体のパターニング)を現地にて実施した。目的のパターニングに成功し素子の事前特性評価も実施した。また、材料や条件の異なる6つのHall測定用素子も追加で作製し完成させた。今後ケンブリッジ大にて液晶性有機半導体のHall測定評価を行い、国際共著論文を執筆する予定である。

飯野裕明 未来産業技術研究所准教授