梶原 将

細胞生物学研究

Susumu Kajiwara梶原 将

教授

医真菌学感染症学バイオテクノロジー

略歴

東京工業大学で博士(理学)号を取得した後、キリンビール(株)に研究員として入社。1995年に東京工業大学助手、2001年から准教授を務めた。その間、内閣府総合科学技術会議参事官補佐(2003 -2005)およびオタゴ大学(NZ)客員研究員(2006-2007)も務めた。2012年に東京工業大学教授、2018年に東京工業大学副学長に任命された。その後、2019年に文部科学省大臣官房審議官に就任、2021年に東京工業大学学長特別補佐兼教授として着任。

WRHIへの期待

国際的な組織間科学技術交流拠点形成

2021

東京工業大学 学長特別補佐

2021

東京工業大学 生命理工学院 教授

2019

文部科学省 大臣官房審議官

2018

東邦大学 医学部 客員教授

2018

東京工業大学 副学長

2016

東京工業大学 生命理工学院 副学院長

2012

東京工業大学 学長補佐

2012

東京工業大学 大学院生命理工学研究科 教授

2006

University of Otago (NZ) Visiting Research Fellow

2005

東京工業大学 学長特任補佐

2003

内閣府 総合科学技術会議事務局 参事官補佐

2001

東京工業大学 大学院生命理工学研究科 助教授

1998

東京工業大学 生命理工学部 講師

1995

東京工業大学 工学部 助手

1993

キリンビール株式会社 基盤技術研究所 研究員

2011

東工大教育賞

2010

竹田国際貢献賞

2009

バイオインダストリー協会賞

2006

キリン発明賞

2021

X. Chen, S. Iwatani, T. Kitamoto, H. Chibana, S. Kajiwara; “The lack of SNARE protein homologue Syn8 influences biofilm formation of Candida glabrataFront. Cell Dev. Biol. 9, 607188 (2021)

2021

N. T. Hoa, R. Zhang, N. Inokawa, T. Oura, X. Chen, S. Iwatani, K. Niimi, M. Niimi, A. R. Holmes, R. D. Cannon, S. Kajiwara; “Candida albicans Bgl2p, Ecm33p, and Als1p proteins are involved in adhesion to saliva-coated hydroxyapatite” J. Oral Microbiol. 13, 1879497 (2021)

2020

Huang, K. Fujii, X. Chen, S. Iwatani, H. Chibana, S. Kojima, S. Kajiwara; “Fungal NOX is an essential factor for induction of TG2 in human hepatocytes” Med Mycol. 58, 679-689 (2020)

2019

K.V. Galkina, M. Okamoto, H. Chibana, D. A. Knorre, S. Kajiwara; “Deletion of CDR1 reveals redox regulation of pleiotropic drug resistance in Candida glabrataBiochimie 170, 49-56 (2019)

2019

Tenagy, K. Tejima, X. Chen, S. Iwatani, S. Kajiwara; “Long-chain acyl-CoA synthetase is essential for the growth of Malassezia spp.” J. Fungi 5, 88. doi: 10.3390/jof5040088 (2019)

2017

Shrestha, R. Shrestha, XY Qin, TF Kuo, Y. Oshima, S. Iwatani, R. Teraoka, K. Fujii, M. Hara, M. Li, A. Takahashi-Nakaguchi, H. Chibana, J. Lu, M. Cai, S. Kajiwara, S. Kojima; “Fungus-derived hydroxyl radicals kill hepatic cells by enhancing nuclear transglutaminase” Sci Rep. 7, 4746 (2017)