花岡 伸也

社会実装研究

Shinya Hanaoka花岡 伸也

教授

交通開発学国際物流・ロジスティクス航空

略歴

東北大学工学部土木工学科卒業。東北大学大学院情報科学研究科修士課程および博士課程修了。博士(情報科学)。財団法人運輸政策研究機構運輸政策研究所研究員、タイ王国アジア工科大学院工学技術研究科助教授、東京工業大学大学院理工学研究科准教授、神戸大学海事科学研究科附属国際海事研究センター客員教授、英国リーズ大学交通研究所客員教授などを経て、現在、東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系教授。国際学術誌を中心に100編以上の審査付き論文を発表。所属学会は、土木学会、日本交通学会(評議員)、日本海運経済学会(理事)、Eastern Asia Society for Transportation Studies (EASTS) (Treasurer)、World Conference on Transportation Research Society (WCTRS) (Steering Committee)など。

WRHIへの期待

ロンドン芸術大学セントラル・セントマーティンズ校との共同研究により、新しい「超学際」研究成果を生み出します。

2018

英国リーズ大学交通研究所 客員教授

2018-現在

東京工業大学環境・社会理工学院 融合理工学系 教授

2016-2018

東京工業大学環境・社会理工学院 融合理工学系 准教授

2009-2017

神戸大学海事科学研究科附属国際海事研究センター 客員教授

2007-2016

東京工業大学 大学院理工学研究科 国際開発工学専攻 准教授

2004-2007

アジア工科大学院 工学技術研究科 助教授

2003-2004

アジア工科大学院 土木工学研究科 講師

2003

㈶運輸政策研究機構運輸政策研究所 主任研究員

2002

英国リーズ大学交通研究所 客員研究員

2000-2003

埼玉大学経済学部社会環境設計学科 非常勤講師

1999-2003

㈶運輸政策研究機構運輸政策研究所 研究員

2020

平成30年度東京工業大学教育賞優秀賞(融合理工学系国際人材育成プログラム(GSEP)の推進と運営)

2019

2019 Emerald Literati Awards, Highly Commended in Journal of Humanitarian Logistics and Supply Chain Management

2018

7th International Conference on Transportation and Logistics (T-LOG 2018), OCDI Takeuchi Yoshio Award for Logistics Research (Best Paper Award)

2017

平成27年度東京工業大学教育賞優秀賞(多様な留学生教育の実践)

2015

第24回日本海運経済学会賞論文の部

2019

Kawasaki, T., Hanaoka, S., Saito, Y., Bandara, Y.M. and Nakamichi, K. (2019) Effect of social capital on the life satisfaction of paratransit drivers in Sri Lanka, Transportation Research Interdisciplinary Perspectives, 2, 100050.

2019

Hanaoka, S., Sota, M., Kawasaki, T. and Thompson, R.G. (2019) Performance of cross-border corridors in East Africa considering multiple stakeholders, Transport Policy, 81, 117-126.

2014

Hanaoka, S., Takebayashi, M., Ishikura, T. and Saraswati, B. (2014) Low-cost carriers versus full service carriers in ASEAN: The impact of liberalization policy on competition, Journal of Air Transport Management, 40, 96-105.

2014

Saraswati, B. and Hanaoka, S. (2014) Airport-airline cooperation under commercial revenue sharing agreements: A network approach, Transportation Research Part E: Logistics and Transportation Review, 70, 17-33.

2012

Hanaoka, S. and Palapus, P. H. (2012) Reasonable concession period for build-operate-transfer road projects in the Philippines, International Journal of Project Management, 30(8), 938-949.