中田 伸生

材料・デバイス研究

Nobuo Nakata中田 伸生

准教授

構造用金属材料鉄鋼材料組織制御

略歴

2004~15年九州大学で助教(助手)。その間、博士号を取得し、2011~12年はドイツ・マックスプランク鉄鋼研究所で客員研究員を兼務。2015年より現職。

WRHIへの期待

人材、情報、技術の循環によって世界最先端の研究を加速させる。また、学生間の交流も活発にし、若手研究者のハブとしても機能すること。

研究プロジェクト

  • 実用的な鉄鋼材料において,マルテンサイト逆変態が発現することを初めて証明しました(2013.12)

トピックス

  • 鉄鋼材料に関する国際会議The 5th International Symposium of Steel Scienceにおいて,招待講演「Transformation mechanism of diffusional reversion from lath martensite to austenite」を行いました.

  • マルテンサイト変態・逆変態を活用したFe-Ni合金の組織制御に関する研究が東京工業大学 物質理工学院 若手研究賞に採択されました.

  • マルテンサイト変態の熱力学に関する論文がScripta Materialiaに掲載されました

2004-2007

九州大学 大学院工学研究院 助手

2007-2015

九州大学 大学院工学研究院 助教

2015-2016

東京工業大学 大学院総合理工学研究科 准教授

2016 -

東京工業大学 物質理工学院 准教授

2008

日本鉄鋼協会澤村論文賞

2009

日本鉄鋼協会研究奨励賞 

2013

日本金属学会奨励賞

2015

JIM/TMS Young Leader International Scholar

2016

工大挑戦的研究賞

2007

Variant Selection of Reversed Austenite in Lath Martensite, N. Nakada, T. Tsuchiyama., S. Takaki, S. Hashizume, ISIJ Inter., 47(2007), pp.1527-1532.  

2013

Transition from Diffusive to Displacive Austenite Reversion in Low-Alloy Steel, N. Nakada, T. Tsuchiyama, S. Takaki, D. Ponge, D. Raabe, ISIJ Inter.53(2013), pp.2275-2277.

2014

Thermodynamics and kinetics of solution nitriding, N. Nakada, K. Tsuboi, T. Onomoto, T. Tsuchiyama, S. Takaki, G. Inden, CALPHAD47(2014), 168-173.

2016

Self-stabilization of Untransformed Austenite by Hydrostatic Pressure via Martensitic Transformation, N. Nakada, Y. Ishibashi, T. Tsuchiyama, S. Takaki, Acta Mater.110(2016), 95-102.

2017

Difference in thermodynamics between ferrite and martensite in the Fe-Ni system, N. Nakada, N. Kusunoki, M. Kajihara, J. Hamada, Scripta Mater.138(2017), 105-108.