中村 浩之

細胞生物学研究

Hiroyuki Nakamura中村 浩之

教授

有機化学ケミカルバイオロジー創薬化学

略歴

1967年生まれ.1993年3月,東北大学大学院理学研究科化学専攻博士前期課程修了.1993年4月,日本学術振興会特別研究員.1995年2月,東北大学大学院理学研究科化学専攻 博士後期課程2年中退. 1995年4月,九州大学有機化学基礎研究センター 助手.1996年9月,博士(理学)取得(東北大学).1997年4月,東北大学大学院理学研究科化学専攻 助手.2000年4月~2001年4月,文部省在外派遣研究員(米国Pittsburgh大学・D.P.Curran教授). 2002年4月,学習院大学理学部化学科 助教授.2006年4月~2013年8月,同 教授.2013年9月,東京工業大学資源化学研究所 教授、2016 科学技術創成研究院 教授(改組による).日本中性子捕捉療法学会(会長),がん分子標的治療学会(評議員), 日本ケミカルバイオロジー学会(編集委員), アメリカ化学会等会員.〔専門〕有機化学,創薬化学,ケミカルバイオロジー,中性子捕捉療法

研究プロジェクト

  • 中性子捕捉療法適応拡大に向けた次世代ホウ素薬剤開発

    中性子捕捉療法は、低エネルギーである熱・熱外中性子がホウ素との核反応により生ずる強力な粒子線を用いるものであり、がん部位へホウ素デリバリーと中性子線のダブルでの癌病巣への超選択的な作用が可能であることから、究極の低侵襲治療法として注目されている。我が国は、脳腫瘍の中性子捕捉療法に初めて成功して以来、世界をリードしてきており、現在、悪性黒色腫、頭頸部がんの治療に用いられてきている。全世界で行われたおよそ1400症例のうち、日本だけで800症例を超える。我が国では、世界で初めて中性子捕捉療法用加速器の開発に成功し、現在脳腫瘍ならびに頭頸部がんの中性子捕捉療法が、承認申請に向けて準備が進められている。しかし、中性子捕捉療法に有効な薬剤はBPA1剤のみであり、BPA非感受性がんに対する新しいホウ素薬剤の開発が急務である。本プロジェクトでは、BPAとは異なるメカニズムで取り込まれる薬剤を開発することで、本治療適応疾患拡大を目的として研究を進めている。

    関連研究者:川端信司准教授(大阪医科大学)、中井啓准教授(筑波大学陽子線医療センター)、鈴木実(京都大学複合原子力科学研究所)、Prof. Jin-Ho Choy (Hankook Univ. Korea)、Prof. Igor Sivaev (Russian Academy of Science)、Dr. Amanda Schwint (National Atomic Energy Commission, Arzentina)

    低侵襲がん治療難治性がん熱中性子ホウ素ドラッグデリバリーシステム

2016-

東京工業大学科学技術創成研究院 教授

2013-2016

東京工業大学資源化学研究所 教授

2006-2013

学習院大学理学部 教授

2002-2006

学習院大学理学部 助教授

1997-2002

東北大学大学院理学研究科 助手

1995-1997

九州大学 有機化学基礎研究センター 助手

2018年11月

Asian Core Program Lectureship Award 受賞

2007年7月

がん分子標的治療学会奨励賞 受賞   

1993年3月

日本化学会進歩賞 受賞

2018

Rapid and Mild Synthesis of Amino Acid N-Carboxy Anhydrides Using Basic-to-Acidic Flash Switching in a Micro-flow Reactor, Y. Otake, H. Nakamura, S. Fuse, Angew. Chem. Int. Ed. 57(35), 11389-11393

2018

Gold(I)-Catalyzed Intramolecular SEAr Reaction: Efficient Synthesis of Isoxazole-Containing Fused Heterocycles. T. Morita, S. Fukuhara, S. Fuse, H. Nakamura, Org. Lett. 20(2), 433–436

2018

 1-Methyl-4-aryl-urazole (MAUra) Labels Tyrosine in Proximity to Ruthenium Photocatalyst. S. Sato, K. Hatano, M. Tsushima, H. Nakamura, Chem. Commun. 54, 5871-5874

2017

Selective Purification and Chemical Labeling of Target Protein on Ruthenium Photocatalyst-Immobilized Affinity Beads, M. Tsushima, S. Sato, H. Nakamura, Chem. Commun. 53, 4838 – 4841

2016

Generation of 4-Isoxazolyl Anion Species: Facile Access to Multifunctionalized Isoxazoles.    T. Morita, S. Fuse, H. Nakamura, Angew. Chem. Int. Ed. 55(43), 13580-13584

2016

Total  Synthesis of Feglymycin based on a Linear/Convergent Hybrid Approach using Micro-flow Amide Bond Formation, S. Fuse, Y. Mifune,  H. Nakamura, H. Tanaka,  Nature Commun. 7, 13491

2016

The Life of Pi Star: Exploring the Exciting and Forbidden Worlds of the Benzophenone Photophore,  G. Dormán,  H. Nakamura, A. Pulsipher, G. D. Prestwich,  Chem. Rev. 116 (24), 15284–15398

2016

Maleimide-Functionalized closo-Dodecaborate Albumin Conjugates (MID-AC): The Unique Ligation at both Cysteine and Lysine Residues Enabling to Efficient Boron Delivery to Tumor for Neutron Capture Therapy, S. Kikuchi, D. Kanoh, S. Sato, Y. Sakurai, M. Suzuki, H. Nakamura, J. Control. Release, 237, 160–167

2016

Synthesis of 2-Indolyltetrahydroquinolines via Zinc(II)-Catalyzed Intramolecular Hydroarylation-Redox Cross-Dehydrogenative Coupling of N-Propargylanilines with Indoles, G. Li and H. Nakamura, Angew. Chem. Int. Ed. 55(23), 6758-6761

2015

Methyl 3-((6-methoxy-1,4-dihydroindeno[1,2-c]pyrazol-3-yl)amino) benzoate (GN39482) as a Tubulin Polymerization Inhibitor Identified by MorphoBase and ChemProteoBase Profiling Methods, H. Minegishi, Y. Futamura, S. Fukashiro, M. Muroi, M. Kawatani, H. Osada, H. Nakamura, J. Med. Chem. 58, 4230-4241

2015

Tyrosine-Specific Chemical Modification with in situ Hemin-Activated Luminol Derivatives, S. Sato, K. Nakamura, H. Nakamura, ACS Chem. Biol. 10 (11), 2633–2640

2014

Spermidinium closo-dodecaborate-encapsulating liposomes as efficient boron delivery vehicles for neutron capture therapy, S. Tachikawa, T. Miyoshi, H. Koganei, M. E. El-Zaria, C. Viñas, M. Suzuki, K. Ono, H. Nakamura, Chem. Commun. 50, 12325-12328

2014

Amphiphilic COSAN and I2-COSAN crossing synthetic lipid membranes: planar bilayers and liposomes, C. Verdiá-Báguena, A. Alcaraz, V. M. Aguilella, A. M. Cioran, S. Tachikawa,  H. Nakamura, F. Teixidor, Clara Viñas, Chem. Commun. 50, 6700-6703

2013

Ligand-directed Selective Protein Modification Based on Local Single Electron Transfer Catalysis, S. Sato and H. Nakamura, Angew. Chem. Int. Ed. 52, 8681-8684

2012

Zinc(II)-Catalyzed Redox Cross-Dehydrogenative Coupling of Propargylic Amines and Terminal Alkynes for Synthesis of N-Tethered 1,6-Enynes, T. Sugiishi, H. Nakamura, J. Am. Chem. Soc.134, 2504-2507

2010

Identification of HSP60 as a Primary Target of ortho-Carboranylphenoxyacetanilide, an HIF-1α Inhibitor, H. S. Ban, K. Shimizu, H. Minegishi, H. Nakamura, J. Am. Chem. Soc. 132(34), 11870-11871

2010

Copper(I)-Catalyzed Substitution Reactions of Propargylic Amines: Importance of Csp–Csp3 Bond Cleavage in Generation of Iminium Intermediates, T. Sugiishi, A. Kimura,  H. Nakamura, J. Am. Chem. Soc. 132, 5332-5333