小池 康晴

情報・人工知能研究

Yasuharu Koike小池 康晴

教授

計算論的神経科学生体工学腕の運動制御機構ヒューマンインタフェース

WRHIへの期待

学生の交流も含めて海外の大学との共同研究が進むことを期待しています。

研究プロジェクト

  • 「⾝体知」の可視化と伝承

    本研究では、特に力の制御を必要とする課題について、「勘」や「体で覚える」といった巧の技を計測・解析し、プログラム可能な程度まで問題を理解し、可視
    化により人に伝承可能な装置開発と仕組づくりを目指しています。
    実施期間:2018年12月〜2021年3月
    関連研究者:吉村奈津江、神原裕行、髙木敦史

    技能伝承筋骨格系モデル脳波

  • 脳の予測機能を応用した新しいブレインマシンインタフェースの開発

    本研究では、運動による将来の状態予測と目標状態との誤差を修正するように運動指令を生成するという仮説のもと、この誤差情報を脳活動から取り出すことで、自分の体を操作するようにロボッ トを操作するブレインマシンインタフェースを作成することを目指している。
    実施期間:2018年4月〜2019年3月
    関連研究者:和田安弘、吉田英一、Ganesh Gowrishankar、安藤英由樹、吉村奈津江

    予測誤差脳波ヒューマンインタフェース

  • 使い心地を認識し人と一体化するロボット制御技術の開発

    人と一体になることで機械を意識せず身体の一部として認識し操作できるロボットの制御技術の開発を目指している。
    実施期間:2018年4月〜2021年3月
    関連研究者:吉村奈津江、神原裕行、髙木敦史

    脳波筋骨格系モデルヒューマンインタフェース

  • ECoGからの運動情報推定

  • 主観的な感覚の解析

1998-

東京工業大学 精密工学研究所 助教授

2009-

東京工業大学 精密工学研究所 教授

2010-

東京工業大学 ソリューション研究機構 教授

2016-

東京工業大学 科学技術創成研究院 教授

2015.3

日本神経回路学会 優秀研究賞
著 者:中西康彦,栁澤琢史,辛徳,神原裕行,吉村奈津江,福間良平,貴島晴彦,平田雅之,小池康晴
タイトル:ヒト大脳皮質のECoG信号による指先の3次元軌道推定 掲 載 誌:NC2014-102(2015年3月)

2015.11

日本神経回路学会 優秀研究賞
著 者:川瀬利弘,西村温子,西本敦子,里宇文生,神原裕行,吉村奈津江,小池康晴
タイトル:片麻痺患者のシナジーによる運動解析 掲 載 誌:NC2015-38 (2015年11月)

2021

“Multi–Joint Angles Estimation of Forearm Motion Using a Regression Model”
Qin, Z., Stapornchaisit, S., He, Z., Yoshimura, N., & Koike, Y.
Frontiers in Neurorobotics, 15(August), 1–18. (2021).

2021

“Galvanic Vestibular Stimulation-Based Prediction Error Decoding and Channel Optimization”
Yuxi Shi, Gowrishankar Ganesh, Hideyuki Ando, Yasuharu Koike, Eiichi Yoshida and Natsue Yoshimura
International Journal of Neural SystemsVol. 31, No. 11, 2150034 (2021)

2021

“Restricted Minimum Error Entropy Criterion for Robust Classification”
Li, Y., Chen, B., Yoshimura, N., & Koike, Y.
IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems, 1–14.(2021).

2021

“Computational reproductions of external force field adaption without assuming desired trajectories”
Hiroyuki Kambara, Atsushi Takagi, Haruka Shimizu, Toshihiro Kawase, Natsue Yoshimura, Nicolas Schweighofer, Yasuharu Koike
Neural Networks Volume 139, July 2021, Pages 179-198

2021

“Exploring EEG Characteristics to Identify Emotional Reactions under Videogame Scenarios.”
Alejandra, L., Puertas-gonz, A., & Yoshimura, N.
brain sciences11(3), 378; (2021).

2021

“Modulation of wrist stiffness caused by adaptation to stochastic environment.”
Kambara, H., Ogawa, H., Takagi, A., Shin, D., Yoshimura, N., & Koike, Y.
Advanced Robotics, 1–17. (2021).

2021

”Constructing Brain Connectivity Model Using Causal Network Reconstruction Approach.”
Saetia, S., Yoshimura, N., & Koike, Y.
Frontiers in Neuroinformatics, 15(February), 1–12.(2021).

2021

“Vowel Sound Synthesis from Electroencephalography during Listening and Recalling”
Wataru Akashi,Hiroyuki Kambara,Yousuke Ogata,Yasuharu Koike,Ludovico Minati,Natsue Yoshimura
Adv. Intell. Syst. 2021,3,2000164

2020

”Muscle Synergy Analysis for Rehabilitation”
Yasuharu Koike, Toshihiro Kawase, Hiroyuki Kambara, Nicolas Schweighofer and Natsue Yoshimura
EPMR.MS.ID.000550. 2(5).2020

2020

”When 90% of the variance is not enough: residual EMG from muscle synergy extraction influences task performance”
Barradas VR, Kutch JJ, Kawase T, Koike Y, Schweighofer N.
J Neurophysiol.;123(6):2180-2190. (2020)