金原 数

細胞生物学研究

Kazushi Kinbara金原 数

教授

有機化学高分子化学超分子化学

略歴

1996年に東京大学で博士号を取得後、東京大学准教授、東北大学教授を経て、2015年4月から東京工業大学教授。 現在の研究:機能性超分子、タンパク質模倣分子の開発,生体機能関連物質の開拓。

WRHIへの期待

化学,生物,物理にまたがる国際的な研究ネットワークの構築

研究プロジェクト

  • 単分散PEG分子の開発

    多分散の生体適合性高分子である直鎖状ポリエチレングリコール(PEG)を、単分散・多角形型に構造化した分子を開発しました。構造化PEGは直鎖状PEGとは大きく異なる物理的性質を示し、低濃度でも生体分子を安定化します。

    実施期間:2013-

    ポリエチレングリコールタンパク質安定化LCSTコロイド熱応答性

2016-

東京工業大学生命理工学院 教授

2005-2016

東京工業大学大学院生命理工学研究科 教授

2008-2015

東北大学多元物質科学研究所 教授

2006-2008

東京大学大学院工学系研究科 助教授

2001-2006

東京大学大学院工学系研究科 講師

1999-2001

東京大学大学院新領域創成科学研究科研究科 助手

1996-1999

東京大学大学院工学系研究科 助手

2012

高分子学会Wiley賞

2007

文部科学大臣表彰 科学技術賞(若手科学者賞)

2006

Arthur K. Doolittle Award (American Chemical Society)

2019

T. Muraoka, T. Shima, T. Kajitani, N. Hoshino, E. Morvan, A. Grélard, E. J. Dufourc, T. Fukushima, T. Akutagawa, K. Nabeya, and Kazushi Kinbara, “Heat-Triggered Crystallization of Liquid Crystalline Macrocycles Allowing for Conductance Switching through Hysteretic Thermal Phase Transitions”, Chem. Asian J., 14, 141 (2019).

2017

T. Muraoka, K. Umetsu, K. V. Tabata, T. Hamada, H. Noji, T. Yamashita and K. Kinbara, “Mechano-Sensitive Synthetic Ion Channels”, J. Am. Chem. Soc., 139, 18016 (2017).

2014

T. Muraoka, T. Endo, K. V. Tabata, H. Noji, S. Nagatoishi, K. Tsumoto, R. Li and K. Kinbara, ” Reversible Ion Transportation Switch by a Ligand-Gated Synthetic Supramolecular Ion Channel”, J. Am. Chem. Soc., 136, 15584 (2014).

2014

T. Shima, T. Muraoka, N. Hoshino, T. Akutagawa, Y. Kobayashi, K. Kinbara, “Thermally Driven Polymorphic Transition Prompting a Naked-Eye-Detectable Bending and Straightening Motion of Single Crystals”, Angew. Chem. Int. Ed., 53, 7173 (2014).

2013

T. Muraoka, K. Adachi, M. Ui, S. Kawasaki, N. Sadhukhan, H. Obara, H. Tochio, M. Shirakawa, K. Kinbara, “A Structured Monodisperse PEG for the Effective Suppression of Protein Aggregation”, Angew. Chem. Int. Ed., 52, 2430 (2013).

2012

T. Muraoka, T. Shima, T. Hamada, M. Morita, M. Takagi, K. V. Tabata, H. Noji, K. Kinbara, “Ion Permeation by a Folded Multiblock Amphiphilic Oligomer Achieved by Hierarchical Construction of Self-Assembled Nanopores”, J. Am. Chem. Soc., 134, 19788 (2012).

2009

K. Okuro, K. Kinbara, K. Tsumoto, N. Ishii, T. Aida, “Molecular Glues Carrying Multiple Guanidinium Ion Pendants via an Oligoether Spacer: Stabilization of Microtubules against Depolymerization”, J. Am. Chem. Soc., 131, 1626 (2009).

2008

H. Kai, S. Nara, K. Kinbara, T. Aida, “Toward Long-Distance Mechanical Communication: Studies on a Ternary Complex Interconnected by a Bridging Rotary Module”, J. Am. Chem. Soc., 130, 6725 (2008).