高田 潤一

社会実装研究

Jun-ichi Takada高田 潤一

教授

国際開発工学開発とICT 無線通信応用電磁波計測

略歴

環境・社会理工学院教授(融合理工学系・地球環境共創コース担当).2019年3月より副学長(国際連携)担当.
1992年本学大学院理工学研究科電気・電子工学専攻博士課程修了.1992年より1994年まで千葉大学工学部電気電子工学科助手.1994年から2000年まで本学理工学交流センター助教授.インドネシア,フィリピン,タイの大学との学術交流に関するコーディネータ業務に従事するとともに,現在まで一貫して携わっている無線通信の電波伝搬に関する研究を開始する.
2001年より本学大学院理工学研究科国際開発工学専攻助教授,2006年より同教授,2008年より2010年まで同専攻長.情報技術を用いた国際開発に関する実践的研究,工学高等教育における国際協力事業に参加する.改組で2016年より本学環境・社会理工学院教授,2016年より2018年まで融合理工学系主任.
2003年から2006年まで情報通信研究機構 UWB(超広帯域無線)結集型特別グループ,2006年から2007年まで同医療支援ICTグループ短時間研究員(兼務).同機構にて,国際電気通信連合無線通信部門 (ITU-R) TG1/8WG4議長を務め,UWB信号の計測法に関する国際勧告Rec. ITU-R SM.1754を取りまとめた.
現在は,モンゴル,ラオス,カンボジアでの国際開発協力プロジェクトに参画.2011年モンゴル国バヤンホンゴル県知事,2015年ラオス人民民主共和国首相より感謝状授与.
電子情報通信学会フェロー,IEEEシニア会員,国際開発学会会員(2020年-2023年 副会長).

WRHIへの期待

研究分野や地域の壁を超えた研究と社会実装の実践に期待します.

研究プロジェクト

  • 異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発(サブテーマ:空き周波数リソース探知技術)

    動的な周波数共用の実現に資するために,既存無線システムが使用していない空き周波数リソースを,時間・空間毎に高精度に探知を実現する技術を確立する.特にミリ波帯における周波数リソース探知技術を担当する.
    実施期間: 2019年-2021年
    研究資金: 総務省
    関連研究者: 藤井威生教授(電気通信大学),齋藤健太郎准教授(東京電機大学,2021年3月まで本学環境・社会理工学院助教)ほか

    ダイナミック周波数共用電波伝搬予測スペクトラムセンシング位置推定

  • 仮想空間における電波模擬システム技術の高度化に向けた研究開発(サブテーマ:電波伝搬・空間モデルの構成技術)

    仮想空間における電波模擬システムを実現するために必要な構成技術のうち,電波伝搬・空間モデルの構成技術,具体的には,伝搬モデル解析によるシナリオ適用可能性に優れた電波伝搬モデルの構築技術と,環境変動特性及び構造・材料特性を含め周辺環境を精緻に三次元モデル化することによるレイトレーシング解析等により高精度に模擬するための高精度空間モデルの構築技術を実現する.サブテーマの研究総括を担当する.
    実施期間: 2020年-2024年
    研究資金: 総務省
    関連研究者: 齋藤健太郎准教授(東京電機大学,東京工業大学特別研究員),金ミンソク准教授(新潟大学),林高弘研究員(KDDI総研)ほか

    電波模擬システムサイバーフィジカルシステム電波伝搬モデルエミュレータ

2019-

東京工業大学 国際教育推進機構 機構長

2019-

東京工業大学 副学長(国際連携担当)

2016-

東京工業大学 環境・社会理工学院 教授

2006-2016

東京工業大学 大学院理工学研究科 教授

2000-2006

東京工業大学 大学院理工学研究科 助教授

1994-2000

東京工業大学 理工学国際交流センター 助教授

1992-1994

千葉大学 工学部 助手

2021

電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞 (ComEx Best Letter Award)

2019

電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞 (Best Tutorial Paper Award)

2013

電気通信普及財団テレコムシステム技術奨励賞

2012

電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞

2007

電子情報通信学会業績賞

2006

電子情報通信学会通信ソサイエティチュートリアル論文賞

2004

SDR Forum Outstanding Paper Award

2001

電気通信普及財団テレコムシステム技術賞

1993

電子情報通信学会学術奨励賞

1993

手島記念研究賞博士論文賞

1992

電子情報通信学会論文賞

1992

IEEE AP-S Tokyo Chapter Young Engineer Award

2020

Nopphon Keerativoranan, Panawit Hanpinitsak, Kentaro Saito, and Jun-ichi Takada, “Analysis of Non-Intrusive Hand Trajectory Tracking by Utilizing Micro-Doppler Signature Obtained from Wi-Fi Channel State Information,” IEEE Access, vol. 8, pp. 176430-176444, 2020.

2019

Kentaro Saito, Yongri Jin, CheChia Kang, Jun-ichi Takada, and Jenq-Shiou Leu, “Two-Step Path Loss Prediction by Artificial Neural Network for Wireless Service Area Planning,” IEICE Communications Express, vol. 8, no. 12, pp. 611-616, Dec. 2019.

2019

P. Hanpinitsak, K. Saito, W. Fan, J. Hejselbæk, J. Takada and G. F. Pedersen, “Frequency Characteristics of Geometry-Based Clusters in Indoor Hall Environment at SHF Bands,” in IEEE Access, vol. 7, pp. 75420-75433, June 2019.

2019

Shengru Li, Shinobu Yamaguchi, Javzan Sukhbaatar, and Jun-ichi Takada, “The Influence of Teachers’ Professional Development Activities on the Factors Promoting ICT Integration in Primary Schools in Mongolia,” Education Sciences, vol. 9, no. 2, paper 78 (14 pages), Apr. 2019.

2019

Tossaporn Srisooksai, Kamol Kaemarungsi, Junichi Takada, and Kentaro Saito, “Path Loss Measurement and Prediction in Outdoor Fruit Orchard for Wireless Sensor Network at 2.4 GHz Band,” Progress In Electromagnetics Research C, vol. 90, pp. 237-252, 2019.

2018

Minseok Kim, Jun-ichi Takada, and Kentaro Saito, “Multi-dimensional Radio Channel Measurement, Analysis and Modeling for High Frequency Bands (invited),” IEICE Transactions on Communications, vol. E101-B, no. 2, pp. 293-308, Feb. 2018.

2017

Jun-ichi Naganawa, Jun-ichi Takada, Takahiro Aoyagi, and Minseok Kim, “Antenna De-embedding in WBAN Channel Modeling using Spherical Wave Functions,” IEEE Transactions on Antennas and Propagation, vol. 65, no. 3, pp. 1289-1300, Mar. 2017.

2017

Ceelia Leong, Jun-ichi Takada, Shinya Hanaoka, and Shinobu Yamaguchi, “Impact of Tourism Growth on the Changing Landscape of a World Heritage Site: Case of Luang Prabang, Lao PDR,” Sustainability, vol. 9, no. 11, Nov. 2017.

2017

Karma Wangchuk, Kento Umeki, Tatsuki Iwata, Pnawit Hanpinitsak, Minseok Kim, Kentaro Saito, and Jun-ichi Takada, “Double Directional Millimeter Wave Propagation Channel Measurement and Polarimetric Cluster Properties in Outdoor Urban Pico-cell Environment,” IEICE Transactions on Communications, vol. E100-B, no. 7, pp. 1133-1144, Jul. 2017.

2017

Jun-ichi Naganawa, Jun-ichi Takada, Takahiro Aoyagi, and Minseok Kim, “Antenna De-embedding in WBAN Channel Modeling using Spherical Wave Functions,” IEEE Transactions on Antennas and Propagation, vol. 65, no. 3, pp. 1289-1300, Mar. 2017.