三原 久和

細胞生物学研究

Hisakazu Mihara三原 久和

教授

生命化学ペプチド工学

略歴

1986年九州大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。米国ロックフェラー大学博士研究員、九州工業大学工学部助手、長崎大学工学部助教授、東京工業大学生命理工学部助教授を経て、2005年より教授。2016年より東京工業大学生命理工学院教授。2016-2020年に生命理工学院長も務める。専門は生命化学、ペプチド工学。英国王立化学会フェローとして国際的にも活躍。300報を超える論文等を発表、主な著書として、ナノバイオ計測の実際 (2007)や絵でわかる生化学(2012)等がある。日本ペプチド学会長も務める(2018-2020)。

WRHIへの期待

ライフサイエンス分野の国際的ハブ拡大

2020-

東京工業大学 副学長(戦略構想担当)兼務

2016-2020

東京工業大学生命理工学院 学院長

2016-

東京工業大学生命理工学院 教授

2015-2016

東京工業大学大学院生命理工学研究科 研究科長

2005-2016

東京工業大学大学院生命理工学研究科 教授

1995-2005

東京工業大学大学院生命理工学研究科 助教授

1993-1995

長崎大学工学部 助教授

1988-1993

九州工業大学工学部 助手

1986-1988

米国ロックフェラー大学 博士研究員

2015

日本化学会学術賞

2011

東工大教育賞

2009

バイオインダストリー協会賞

2005

英国王立化学会フェロー(FRSC

2001

手島記念研究賞研究論文賞

2019

Fukunaga, H. Tsutsumi, H. Mihara, Self-Assembling Peptides as Building Blocks of Functional Materials for Biomedical Applications,  Bull. Chem. Soc. Jpn., 92, 391-399 (2019)

2018

Syahir, K. Kajikawa, H. Mihara, Signal Enhancement Strategies for Refractive Index-Sensitive Nanobiosensor,   Protein Peptide Lett., 25, 34-41 (2018) 

2017

I.V. Chang, H.Tsutsumi, H. Mihara, Screening for Concanavalin A Binders from a Mannose-modified alpha-Helix Peptide Phage Library,   Mol. BioSyst., 13, 2222-2225 (2017)

2016

K. Fukunaga, H. Tsutsumi, H. Mihara, Cell Differentiation on Disk- and String-Shaped Hydrogels Fabricated From Ca2+-Responsive Self-Assembling Peptides,  Biopolymers, 106, 476-483 (2016) 

2015

H. Tsutsumi, K. Nakano, H. Mihara, Dihydrofolate Reductase Inhibitory Peptides Screened from a Structured Designed beta-Loop Peptide Library Displayed on Phage,  Mol. BioSyst., 11, 2713-2716 (2015)

2014

H.J. Park, H. Tsutsumi, H. Mihara, Cell-selective Intracellular Drug Delivery Using Doxorubicin and alpha-Helical Peptides Conjugated to Gold Nanoparticles,  Biomaterials, 35, 3480-3487 (2014)