小山二三夫

プロフィール

1985-1988 東京工業大学 精密工学研究所 助手
1988-2000 東京工業大学 精密工学研究所 助教授
2000-2016 東京工業大学 精密工学研究所 教授
2016-    東京工業大学科学技術創成研究院 教授
2018-    東京工業大学科学技術創成研究院 研究院長

専門分野
光エレクトロニクス / 面発光レーザ / 光インターコネクト / 光センシング / 高出力レーザ

 
 
未来産業技術研究所(IIR, Tokyo Tech)

 http://vcsel-www.pi.titech.ac.jp/index-j.html
 koyama@pi.titech.ac.jp

グループ名:社会実装研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • 高出力面発光レーザ光増幅器(7)
  • 超高速結合共振器面発光レーザ(08)

主な受賞歴

  •  1985年          IEE(英国電気学会) Electronics Letters Premium Award
  •    1985年          IEEE(米国電気学会) Best Student Paper Award  

  •  1988年          IEE Electronics Letters Premium Award

  •  1998年          丸文財団 丸文学術賞

  •  2004年          新技術開発財団 市村学術賞功績賞

  •  2006年    電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ賞

  •  2007年    文部科学大臣表彰科学技術賞

  •  2008年          IEEE/LEOS William Streifer Scientific Achievement Award

  •  2011年          Microoptics Award

  •  2012年          応用物理学会光・電子集積技術業績賞

  •  2016年          市村産業賞功績賞

  •  2017年          櫻井健二郎氏記念賞

  •  2018年    大川賞

主な論文

  • B.Drobot, R.Steudtner, J.Raff, G.Geipel, V.Brendler, S.Tsushima “Combining Luminescence Spectroscopy, Parallel Factor Analysis and Quantum Chemistry to Reveal Metal Speciation – a Case Study of Uranyl(VI) Hydrolysis” Chem. Sci20156, 964–972.
  • Takao, K.; Tsushima, S.; Ogura, T.; Tsubomura, T.; Ikeda, Y. “Experimental and Theoretical Approaches to Redox Innocence of Ligands in Uranyl Complexes: What is Formal Oxidation State of Uranium in Reductant of Uranyl(VI)?” Inorg. Chem201453, 5772-5780.
  • H.Khesbak, O.Savchuk, S.Tsushima, K.Fahmy “The role of water H-bond imbalances in B-DNA substate transitions and peptide recognition revealed by time-resolved FTIR spectroscopy” J. Am. Chem. Soc2011133, 5834-5842.
  • S.Tsushima, U.Wahlgren, I.Grenthe “Quantum Chemical Calculations of Reduction Potentials of AnO22+/AnO2+ (An = U, Np, Pu, Am) and Fe3+/Fe2+ Couples”, J. Phys. Chem. A 2006,110, 9175-9182.