鷹尾 康一朗

プロフィール
2006-2008東京工業大学 原子炉工学研究所 博士研究員
2008-2010ドレスデン-ロッセンドルフ研究センター  博士研究員
2010-2012成蹊大学 理工学部 助教
2013-2015東京工業大学 原子炉工学研究所 助教
2015-2016 東京工業大学 原子炉工学研究所 准教授
2016- 東京工業大学 科学技術創成研究院 准教授

専門分野
アクチノイド化学, 錯体化学, 溶液化学, 核燃料サイクル工学, イオン液体 

先導原子力研究所(IIR, Tokyo Tech)

 http://www.lane.iir.titech.ac.jp/~ktakao/
 ktakao@lane.iir.titech.ac.jp

グループ名:社会実装研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • 湿式処理による高レベル放射性廃棄物ガラス固化体からの核種回収技術の開発(内閣府ImPACT)
  • 錯体化学・溶液化学に基づく核燃料サイクル先進基盤研究
  • 純粋なウラニル(V)錯体の合成とその5f1電子配置に由来する錯体化学
  • 置換不活性白金族元素のマイクロ波駆動型迅速溶媒抽出技術の開発
  • 高効率かつ汎用性の高いイオン液体合成法・精製法の開発

ニュース

  • 2017年11月
    日経産業新聞, 「原発の高レベル放射性廃棄物 核反応生成物を分離 東工大が技術確立 地層処分の期間短縮」, 2017年11月6日, 第6面
  • 2017年11月
    日経電子版, 「東工大、原発の核反応生成物分離 地層処分の期間短縮」, 2017年11月6日,
    URL: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23064140S7A101C1X11000/
  • 2016年12月
    置換不活性白金族元素のマイクロ波駆動型迅速溶媒抽出(ACS Sustainable Chem. Eng. 2016, 4, 2459-2463.)がAdvances in Engineering誌にて紹介されました。

主な受賞歴

  • Bull. Chem. Soc. Jpn.誌優秀論文(Selected Paper)選出 “Efficient and Versatile Anion Metathesis Reaction for Ionic Liquid Preparation by Using Conjugate Acid and Ortho Ester”, Koichiro Takao, Shinobu Takao, Bull. Chem. Soc. Jpn. 2014, 87, 974-981.
  • 第5回グリーン・サステイナブルケミストリーシンポジウム ポスター賞 「アニオン交換を伴わない高純度イオン液体簡易合成法に関する研究」(2005.3).

主な論文

  • Takao, K.; Tsushima, S. “The oxidation of borohydrides by photoexcited [UO2 (CO3 )3 ]4Dalton Trans. 2018, 47, 5149-5152.
  • Kazama, H.; Tsushima, S.; Ikeda, Y.; Takao, K. “Molecular and Crystal Structures of Uranyl Nitrate Coordination Polymers with Double-Headed 2-Pyrrolidone Derivatives”  Inorg. Chem.  2017, 56, 13530-13534.
  • Takao, K.; Ikeda, Y.; Kazama, H. “New concept for molecular design of N-substituted 2-pyrrolidone derivatives towards advanced reprocessing method for spent ThO2 fuels” Energy Procedia, 2017, 131, 157-162.
  • Takao, K.; Akashi, S. “Exploring Catalytic Activity of Lewis-acidic Uranyl Complexes in Nucleophilic Acyl Substitution of Acid Anhydrides” RSC Adv. 2017, 7, 12201-12207.
  • Ikeda, S.; Mori, T.; Ikeda, Y.; Takao, K. “Microwave-Assisted Solvent Extraction of Inert Platinum Group Metals from HNO3(aq) to Betainium-Based Thermomorphic Ionic Liquid” ACS Sustainable Chem Eng. 2016, 4, 2459-2463.
  • Takao, K.; Tsushima, S.; Ogura, T.; Tsubomura, T.; Ikeda, Y. “Experimental and Theoretical Approaches to Redox Innocence of Ligands in Uranyl Complexes: What is Formal Oxidation State of Uranium in Reductant of Uranyl(VI)?” Inorg. Chem. 2014, 53, 5772-5780.