千葉 敏

プロフィール
1985-1995 日本原子力研究所 研究員
1995-1999 日本原子力研究所 副主任研究員
1999-2005 日本原子力研究所 主任研究員
2005-2010 日本原子力研究開発機構 研究主幹
2010-2012日本原子力研究開発機構 研究主席
2012-2016 東京工業大学 原子炉工学研究所 教授
2016- 東京工業大学科学技術創成研究院教授

専門分野
核データ / 原子核物理学 / 核分裂 / 核変換 / 放射線輸送シミュレーション 

先導原子力研究所(IIR, Tokyo Tech)

 http://www.nr.titech.ac.jp/~chiba/
 chiba.satoshi@lane.iir.titech.ac.jp

グループ名:社会実装研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • 形状4次元の核分裂ランジュバン模型の開発に世界で初めて成功し、核分裂の多くの現象を統一的に記述できるようになりました(2017.03)
  • 反対称化分子動力学手法を用いて初めて核分裂の微視的機構の記述に成功し、これまで核分裂の分野で置かれてきた仮定の妥当性を核力からスタートする立場から検証することができるようになりました。
  • 高速炉を用いる長寿命核分裂生成物を短寿命化する新たな方法の検討を文科省からの支援(平成28年度から4年計画)の元で行っています。

ニュース

  • 2017年3月
    日本原子力学会で核分裂に関する11件のシリーズ発表を行いました。
  • 2016年10月
    「核分裂の物理学 -わかったこと、まだわからないこと-」と題するインタビュー記事がATOMOΣに掲載されました。
  • 2016年8月
    重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立–核分裂現象の解明にも道–がPhysics Letters Bに掲載されプレス発表しました。

主な受賞歴

  • 1998年
    日本原子力研究所 理事長表彰
  • 2003年
    日本原子力研究所 理事長表彰
  • 2010年
    日本原子力研究開発機構 理事長表彰
  • 2012年
    日本原子力学会核データ部会学術賞

主な論文

  • E. Sh. Soukhovitski˜i, R. Capote, J. M. Quesada, S. Chiba, and D. S. Martyanov “Nucleon scattering on actinides using a dispersive optical model with extended couplings” Phys. Rev. C 94, 064605 (2016)
  • M. D. Usang, F. A. Ivanyuk, C. Ishizuka, and S. Chiba “Effects of microscopic transport coefficients on fission observables calculated by the Langevin equation” Phys. Rev. C 94, 044602 (2016)