Christophe Jouvet

プロフィール
– 1980パリ第11大学学位取得
– 1981シカゴ大James Franck研究所博士研究員
– 1982 フランス国立研究センター(CNRS)研究員
– 1984 CNRS1級研究員
– 1987 ノッチンガム大博士研究員
– 1994 CNRS研究ディレクター
– 2006 CNRS1級研究ディレクター

専門分野
分光学、化学物理

CNRSイオン及び分子物理研究所,
エクス・マルセイユ大 CNRS1級研究ディレクター(フランス)

 http://piim.univ-amu.fr/
christophe.jouvet@univ-amu.fr

グループ名:材料・デバイス研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • 孤立分子及び分子クラスターの光化学反応を研究してきた。当初、2分子光化学反応の反応中間体をvan der Waals分子間錯体中の衝突錯合体を用いて凍結する新たな手段を開発した。大きな分子系に対象をシフトさせ、クラスター中で水素原子移動反応を引き起こす芳香族分子の水素原子解離反応チャンネルを発見した。このすいそ原子ダイナミクスは現在では多くの芳香族分子の無輻射過程の元となる機構として認識されている。2004年以降、孤立プロトン付加芳香族分子の励起状態ダイナミクスを研究している。2012年にエクス・マルセイユ大に研究場所を移し、新たな冷却イオントラップ装置を用いてプロトン付加イオンの励起状態の高分解能分光を進めている。

主な受賞歴

  • 1985年 
    フランス国立研究センター・ブロンズメダル
  • 2005/2006年 
    同・シルバーメダルノミネーション

主な論文

  • Kang, H.; Jouvet, C.; Dedonder-Lardeux, C.; Martrenchard, S.; Gregoire, G.; Desfrancois, C.; Schermann, J. P.; Barat, M.; Fayeton, J. A., Ultrafast deactivation mechanisms of protonated aromatic amino acids following UV excitation. Physical Chemistry Chemical Physics 2005, 7, (2), 394-398.
  • Sobolewski, A. L.; Domcke, W.; Dedonder-Lardeux, C.; Jouvet, C., Excited-state hydrogen detachment and hydrogen transfer driven by repulsive * states: A new paradigm for nonradiative decay in aromatic biomolecules. Physical Chemistry Chemical Physics 2002, 4, (7), 1093-1100.
  • Breckenridge, W. H.; Jouvet, C.; Soep, B., Orbitally Selective Chemical-Reaction in Hg-H2 Van der waals Complexes. Journal of Chemical Physics 1986, 84, (3), 1443-1450.