細田 秀樹

プロフィール
1993-1996東京工業大学 金属工学科 助手
1994-1996ワシントン大学材料科学工学科助手
1996-1996(株)超高温材料研究所特別研究員
1996-1996NEDO産業技術研究員
1996-1999東北大学金属材料研究所助手
1999-2001筑波大学物質工学系講師
2001-2007東京工業大学精密工学研究所助教授・
2007-2010東京工業大学精密工学研究所准教授
2010-2016東京工業大学精密工学研究所教授
2016- 東京工業大学科学技術創成研究院教授

専門分野
金属物性 / 構造・機能材料 / 医用生体工学・生体材料学

フロンティア材料研究所
(兼)未来産業技術研究所(IIR, Tokyo Tech)

 http://www.mater.pi.titech.ac.jp/
 hosoda.h.aa@m.titech.ac.jp

グループ名:材料・デバイス研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(S)「形状可変材料のドメインホモ界面ダイナミクスの学理究明と高機能化原理の確立」(2014-2018)が採択され取り組んでいます.

ニュース

  • 2014年1月
    日経onlineに研究紹介されました.
  • 2015年9月
    スペインの地方紙 EL DIARIO VASCOにDonostia International Workshop on Energy,Materials, and Nanotechnology (DINEMN)に関して細田が紹介されました.

主な受賞歴

  • 1993年 
    手島精一記念博士論文賞
  • 1999,2002, 2004, 2007年 
    田中貴金属MMS賞
  • 2009年 
    日本金属学会功績賞
  • 2015年 
    日本金属学会まてりあ論文賞
  • 2015,2016年
    Scripta Materialia Excellence in Reviewing
  • 2016年 
    手島精一記念研究賞(発明賞)

主な論文

  • Effect of Sn and Zr addition on the martensitic transformation behavior of Ti-Mo shape memory alloys, K. Endoh, M. Tahara, T. Inamura and H. Hosoda, Journal of Alloy and Compounds, 695 (2017) 76
  • Formation process of the incompatible martensite microstructure in a beta-titanium shape memory alloy, T. Inamura, M. Ii, M. Tahara and H. Hosoda, Acta Materialia 124 (2017) 351
  • Optimum rolling ratio for obtaining {001}<110> recrystallization texture in Ti-Nb-Al biomedical shape memory alloy, T. Inamura, R. Shimizu, H. Y. Kim, S. Miyazaki and H. Hosoda, Materials Science and Engineering C, 61 (2016) 499