Kyu Hyoung Lee

プロフィール
2005-2007 名古屋大学, 研究院
2007-2014三星総合技術研究院、研究員、プロジェットリーダー
2014- カンウォン大学, ナノ材料工学科、助教授

専門分野
材料合成,材料工学

カンウォン大学(大韓民国)

khlee2014@kangwon.ac.kr 

グループ名:材料・デバイス研究国際ハブグループ

Research Highlights

  • 熱電エネルギー変換材料
  • エレクトライド
  • 二次元物質
  • プロトン及び酸化物イオン伝導体

Press

  • 2015年5月
    電位により熱電特性の増大にかんする関する論文がScienceオンライン版に掲載されました。
  • 2015年1月
    Multi-shell nanoplatesにより熱電特性の増大にかんする関する論文がACS NANOのオンライン版に掲載されました。
  • 2013年2月
    Bi2Te3 と Bi2Se3のnanoflakeによる熱電特性の増大にかんする関する論文が「Advanced Materials」オンライン版に掲載されました。

Selected Awards

  • 2010年
    JSPS Outstanding Paper Award(The Japan Society of Applied Physics)
  • 2011年
    三星総合技術研究院今年の研究者
  • 2016年
    韓国セラミックス協会若手セラミスト賞

Selected Publications 

  • Synthesis of multi-shell nanoplates by consecutive epitaxial growth of Bi2Se3 and Bi2Te3 nanoplates and enhanced thermoelectric properties, ACS Nano 9, 6843 (2015).
  • Dense dislocation arrays embedded in grain boundaries for high-performance bulk thermoelectrics, Science 348, 109 (2015).
  • Surfactant-free scalable synthesis of Bi2Te3 and Bi2Se3 nanoflakes and enhanced thermoelectric properties of their nanocomposites, Adv. Mater. 25, 1425 (2013).
  • Enhancement of the thermoelectric figure-of-merit in a wide temperature range in In4Se3-xCl0.03 bulk crystals, Adv. Mater. 23, 2191 (2011).