藤井 正明

プロフィール
1985-1993東北大学理学部化学科 助手
1993-1997早稲田大学理工学部化学科 助教授
1997-2003岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 教授
1999-2003同 分子制御レーザー開発研究センター長
2003-2016東京工業大学資源化学研究所 教授
2016- 東京工業大学科学技術創成研究院 教授

専門分野
分子分光学、レーザー分光とその応用

クリーン環境研究ユニット/化学生命科学研究所(IIR, Tokyo Tech)

 http://www.csd.res.titech.ac.jp/indexj.html
mfujii@res.titech.ac.jp

グループ名:材料・デバイス研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • 励起状態水素移動反応における電子とプロトンのデカップリングの発見
  • ピコ秒時間分解赤外分光法によるイオン化誘起サイトスイッチングダイナミクス
  • 独自の冷却トラップ開発によるアドレナリン受容体ポケット(ペプチド)の分光
  • 集束イオンビーム・レーザーイオン化質量分析装置の開発と材料・越境微粒子解析への応用

ニュース

  • 2017年3月
    日本化学会春季年会(慶応大・日吉)で中長期テーマシンポジウム「複雑系のための分子科学」を主催しました。
  • 2016年11月
    知の拠点セミナー「先端的多色レーザー分光法の開発とその応用」が読売新聞に掲載されました。
  • 2016年9月
    国際研究集会”WRHI International Workshop on Advanced Laser Spectroscopy” を主催しました(新学術領域「柔らかな分子系」と共催)。
  • 2016年9月
    独自の冷却トラップ開発によるアドレナリン受容体ポケットの気相分光が英国王立協会Physical Chemistry and Chemical Physics誌に掲載されました。
  • 2016年5月
    イオン化誘起サイトスイッチングダイナミクスに関する国際共著論文が米国化学会の総説誌Chemical Review誌に招待され、掲載されました。
  • 2016年1月
    励起状態水素移動反応に関してGordon Research Conference on Molecular & ionic Cluster 2016で招待講演しました。(Angew. Chem. Int. Ed.表紙掲載)

主な受賞歴

  • 1992年
    日本化学会進歩賞
  • 1996年
    分子科学振興森野基金
  • 2007年
    手島記念研究論文賞
  • 2008年
    市村学術賞貢献賞
  • 2014年
    日本化学会学術賞
  • 2015年
    日本分光学会賞

主な論文

  • “Gas phase ultraviolet and infrared spectroscopy on a partial peptide of β2-adrenoceptor SIVSF-NH2 by a laser desorption supersonic jet technique”
    Shun-ichi Ishiuchi, Kohei Yamada, Hikari Oba, Hiromichi Wako and Masaaki Fujii
    Phys. Chem. Chem. Phys., 18, 23277-23284 (2016)
  • “Probing Solvation Dynamics around Aromatic and Biological Molecules at the Single-Molecular Level”
    Otto Dopfer and Masaaki Fujii
    Chemical Reviews, 116(9), 5432-5463 (2016).
  • “Theoretical Study on the Size Dependence of Ground-State Proton Transfer in 1-Naphthol-Ammonia Clusters”
    Toshihiko Shimizu, Mitsuhiko Miyazaki and Masaaki Fujii
    J. Phys. Chem. A, 36, 7167-7174 (2016)
  • “Electron-Proton Decoupling in Excited State Hydrogen Atom Transfer in the Gas Phase”
    Mitsuhiko Miyazaki, Ryuhei Ohara, Kota Daigoku, Kenro Hashimoto, Jonathan R. Woodward, Claude Dedonder, Christophe Jouvet, and Masaaki Fujii
    Angew. Chem. Int. Ed., 54(50), 15089-15093 (2015).
  • “Single Water Solvation Dynamics in the 4-Aminobenzonitrile-Water Cluster Cation Revealed by Picosecond Time-Resolved Infrared Spectroscopy”
    Mitsuhiko Miyazaki, Takashi Nakamura, Matthias Wohlgemuth, Roland Mitrić, Otto Dopfer and Masaaki Fujii
    Phys. Chem. Chem. Phys., 17(44), 29969-29977 (2015).
  • “Solvation Dynamics of a Single Water Molecule Probed by Infrared Spectra—Theory Meets Experiment”
    Matthias Wohlgemuth, Mitsuhiko Miyazaki, Martin Weiler, Makoto Sakai, Otto Dopfer, Masaaki Fujii, and Roland Mitric´
    Angew. Chem. Int. Ed., 53(52), 14601-14604 (2014)
  • “Solvent Migration in Microhydrated Aromatic Aggregates:Ionization-Induced Site Switching in the 4-Aminobenzonitrile–Water Cluster”
    Takashi Nakamura, Matthias Schmies, Alexander Patzer, Mitsuhiko Miyazaki, Shunichi Ishiuchi, Martin Weiler, Otto Dopfer and Masaaki Fujii
    Chemistry – A Europian Journal, 20(7), 2031-2039 (2014).
  • “Ground State Proton Transfer in Phenol-(NH3)n (n≤11) Clusters Studied by Mid-IR Spectroscopy in 3-10 μm Range”
    Mitsuhiko Miyazaki, Ayako Kawanishi, Iben Nielsen, Ivan Alata, Shun-ichi Ishiuchi, Claude Dedonder, Christophe Jouvet, and Masaaki Fujii*.
    J. Phys. Chem. A, 117(7), 1522-1530 (2013).
  • “Watching Water Migration around a Peptide Bond”
    Kohei Tanabe, Mitsuhiko Miyazaki, Matthias Schmies, Alexander Patzer, Markus Schütz, Hiroshi Sekiya, Makoto Sakai, Otto Dopfer, and Masaaki Fujii.
    Angew. Chem. Int. Ed. 51 (27), 6604-6607 (2012). (Very Important Paper, Inner cover)
  • “Ionisation-induced site switching dynamics in solvated aromatic clusters: phenol-(rare gas)n clusters as prototypical example”
    Masaaki Fujii and Otto Dopfer.
    Int. Rev. Phys. Chem., 31(1), 131-173 (2012).