小林 覚

プロフィール
2002-2006  マックスプランク鉄鋼研究所 研究員
2006-2011  東北大学 金属材料研究所 助教
2011-2014  物質・材料研究機構 主任研究員
2015-2016  東京工業大学 材料工学専攻 講師
2016-2017  東京工業大学 物質理工学院 講師
2017-現在   東京工業大学 物質理工学院 准教授

専門分野
耐熱鋼・耐熱合金,相平衡,組織制御

物質理工学院 材料系(School of Materials and Chemical Technology, Tokyo Tech)

 https://educ.titech.ac.jp/mat/news/2016_11/052588.html
 http://steel.mtl.titech.ac.jp/
kobayashi.s@mtl.titech.ac.jp

グループ名:材料・デバイス研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • バルクコンビナトリアル法等の実験的手法を駆使して,Laves相分散強化型フェライト系耐熱鋼や新規Ni基耐熱合金の創成に挑戦しています

主な受賞歴

  • 2017年3月 日本鉄鋼協会学術記念賞(西山記念賞)

主な論文

  • Physical Metallurgy for Wrought Gamma Titanium Aluminides -Microstructure Control through Phase Transformations-: Takeyama M, Kobayashi S, Intermetallics, vol. 13, pp. 993-999, 2005.  

  • Determination of Phase Equilibria in the Co-rich Co–Al–W Ternary System with a Diffusion-Couple Technique: Kobayashi S, Tsukamoto Y, Takasugi T, Chinen H, Omori T, Ishida K, Zaefferer S, Intermetallics, vol. 17, pp. 1085-1089, 2009.

  • Mapping of 475 °C embrittlement in ferritic Fe-Cr-Al alloys: Kobayashi S, Takasugi T, Scripta Materialia, vol. 63, pp. 1104-1107, 2010.

  • Orientation Dependence of Local Lattice Rotations at Precipitates: Example of k-Fe3AlC Carbides in a Fe3Al-Based Alloy: Kobayashi S, Zambaldi C, Raabe D, Acta Materialia, vol. 58, pp. 6672-6684, 2010.

  • Interphase precipitation of Fe2Hf Laves phase in a Fe-9Cr/Fe-9Cr-Hf diffusion couple: Kobayashi S, Kimura K, Tsuzaki K, Intermetallics, vol. 46, pp. 80-84, 2014.