久堀 徹

プロフィール
1982 早稲田大学大学院理工学研究科物理学及び応用物理学専攻博士前期課程修了.
1985 早稲田大学大学院理工学研究科物理学及び応用物理学専攻博士後期課程修了.
1985 早稲田大学教育学部理学科助手
1987  横浜市立大学文理学部理科助手
1995 東京工業大学資源化学研究所助教授
2009 東京工業大学資源化学研究所教授
2016 東京工業大学科学技術創成研究院教授

研究分野
植物生化学、生体エネルギー変換

化学生命科学研究所(IIR, Tokyo Tech)

http://www.res.titech.ac.jp/~junkan/Hisabori_HomePage/index.html
 thisabor@res.titech.ac.jp

グループ名:細胞生物学研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • 植物型ATP合成酵素のレドックス制御の分子機構の解明
  • 植物のレドックス制御のキーファクターであるチオレドキシンの標的の網羅的解析

ニュース

  •  2016年6月 :葉緑体新規レドックス蛋白質であるNTRCの生理的重要性を明らかにして「Proc. Natl. Acad. Sci. USA (アメリカ科学アカデミー紀要)」に発表しました。
  • 2015年12月 :シアノバクテリアの代謝工学的改変によりアンモニア生産を実現して「Plant and Cell Physiology」に発表しました。

主な受賞

  •  1986年 山田科学振興財団研究助成
  • 2017年 手島精一記念研究論文賞

主な論文

  • Murakami S, Kondo K, Katayama S, Hara S, Sunamura EI, Yamashita E, Groth G, Hisabori T. “Structure of the γ-ε complex of cyanobacterial F1-ATPase reveals a suppression mechanism of the γ subunit on ATP-hydrolysis in phototrophs.” Biochem J. 2018 Jul 27. pii: BCJ20180481 (2018).

  • Yoshida K, Hisabori T. “Distinct electron transfer from ferredoxin-thioredoxin reductase to multiple thioredoxin isoforms in chloroplasts” Biochem J. 474(8):1347-1360 (2017).

  • Yoshida K, Hisabori T. “Two distinct redox cascades cooperatively regulate chloroplast functions and sustain plant viability”Proc Natl Acad Sci U S A. 113(27):E3967-3976 (2016).

  • Sunamura E-I, et al. “A conformational change of the  subunit indirectly regulates the activity of cyanobacterial F1-ATPase”J. Biol. Chem. 287(46):38695-38704 (2012).

  • Groth G., Hisabori, T., Lill, H., Bald, D. “Substitution of a single amino acid switches the tentoxin resistant thermophilic F1-ATPase into a tentoxin sensitive enzyme”J. Biol. Chem. 277, 20117-20119 (2002)