田中 寛

プロフィール
1991-1993東京大学 応用微生物研究所 助手
1993-1997東京大学 分子細胞生物学研究所 助手
1997-2005東京大学 分子細胞生物学研究所 助教授
2005-2007東京大学 分子細胞生物学研究所 准教授
2007-2011千葉大学 大学院園芸学研究科 教授
2011-2016東京工業大学 資源化学研究所 教授
2016- 東京工業大学 科学技術創成研究院 教授

専門分野
分子遺伝学/進化細胞生物学

化学生命科学研究所(IIR, Tokyo Tech)

 http://www.res.titech.ac.jp/~biores/
kntanaka@res.titech.ac.jp

グループ名:細胞生物学研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • シアノバクテリアにおいて高度に保存されたレスポンスレギュレーターRre1の標的を同定(2017.01)
  • 真核藻類におけるABA応答とその分子機構を解明(2016.04)

主な受賞歴

  • 2002年 日本農芸化学奨励賞
  • 2002年 日本農学進歩賞
  • 2013年 武田国際貢献賞

主な論文

  • Zeenat B. Noordally, Kenyu Ishii, Kelly A. Atkins, Sarah J. Wetherill, Jelena Kusakina, Eleanor J. Walton, Maiko Kato, Miyuki Azuma, Kan Tanaka, Mitsumasa Hanaoka and Antony N. Dodd (2013) Circadian control of chloroplast transcription by a nuclear-encoded timing signal. Science 339, 1316-1319.
  • Yuki Kobayashi, Sousuke Imamura, Mitsumasa Hanaoka and Kan Tanaka (2011) A tetrapyrrole-regulated ubiquitin ligase controls algal nuclear DNA replication. Nature Cell Biol. 13, 483-487.
  • Motomichi Matsuzaki et al. (2004) Genome sequence of the ultra-small unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae 10D. Nature 428, 653-657.
  • Kan Tanaka, Kosuke Oikawa, Niji Ohta, Haruko Kuroiwa, Tsuneyoshi Kuroiwa, and Hideo Takahashi (1996) Nuclear encoding of a chloroplast RNA polymerase sigma subunit in a red alga. Science 272, 1932-1935.
  • Kan Tanaka, Yuko Takayanagi, Nobuyuki Fujita, Akira Ishihama, and Hideo Takahashi (1993) Heterogeneity of the principal σ factor in Escherichia coli: The rpoS gene product, σ38, is a second principal σ factor of RNA polymerase in stationary-phase Escherichia coli. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 90, 3511-3515.
  • Kan Tanaka, Tetsuo Shiina and Hideo Takahashi (1988) Multiple principal sigma factor homologs in eubacteria: Identification of the “rpoD Box.” Science 242, 1040-1042.