中村 浩之

プロフィール
1995-1997九州大学 有機化学基礎研究センター 助手
1997-2002東北大学大学院理学研究科 助手
2002-2006学習院大学理学部 助教授
2006-2013学習院大学理学部 教授
2013-2016 東京工業大学資源化学研究所 教授
2016- 東京工業大学科学技術創成研究院 教授

専門分野
有機化学 / ケミカルバイオロジー / 創薬化学

化学生命科学研究所(IIR, Tokyo Tech)

 http://syn.res.titech.ac.jp/
 hiro@res.titech.ac.jp

グループ名:細胞生物学研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • 細胞から標的タンパク質を、活性を維持したまま捕獲ならびに化学修飾に初めて成功(2017.04)
  • イソキサゾールへの位置選択的直接修飾法を始めて開発(2016.08)
  • ホウ素化血清アルブミンを世界で初めて開発し、中性子照射による抗腫瘍効果を発見(2016.08)

ニュース

  • 2016年12月
    ベンゾフェノン光プローブに関する総説が米国化学会誌「Chemical Review」に掲載されました。
  • 2016年11月
    アミノ酸を多数含む抗HIV・抗菌ペプチド「フェグリマイシン」の合成に関する論文が英国学術誌「Nature Communications」に掲載され、日経産業新聞と科学新聞で報道されました。
  • 2016年8月
    血清アルブミンを用いたホウ素デリバリーに関する論文が「Journal of Controlled Release」に掲載され,日経産業新聞で報道されました。

主な受賞歴

  • 1999年 日本化学会進歩賞
  • 2007年 がん分子標的治療学会奨励賞

主な論文

  • Selective Purification and Chemical Labeling of Target Protein on Ruthenium Photocatalyst- Immobilized Affinity Beads, M. Tsushima, S. Sato, H. Nakamura, Chem. Commun.in press.
  • The Life of Pi Star: Exploring the Exciting and Forbidden Worlds of the Benzophenone Photophore, G. Dormán, H. Nakamura, A. Pulsipher, G. D. Prestwich, Chem. Rev. 116, 1528415398 (2016)
  • Total Synthesis of Feglymycin based on a Linear/Convergent Hybrid Approach using Micro-flow Amide Bond Formation.S. Fuse, Y. Mifune, H. Nakamura, H. Tanaka, Nature Commun. 7, 13491 (2016)
  • Generation of 4-Isoxazolyl Anion Species: Facile Access to Multifunctionalized Isoxazoles, T. Morita, S. Fuse, H. Nakamura, Angew. Chem. Int. Ed. 55, 13580-13584 (2016)
  • Synthesis of 2-Indolyltetrahydroquinolines via Zinc(II)-Catalyzed Intramolecular Hydroarylation- Redox Cross-Dehydrogenative Coupling of N-Propargylanilines with Indoles, G. Li and H. Nakamura, Angew. Chem. Int. Ed. 55, 6758-6761 (2016)