木村 宏

プロフィール
1996-2002 オックスフォード大学 博士研究員
2002-2003 東京医科歯科大学難治疾患研究所 助教授
2003-2007 京都大学 医学研究科
先端領域融合医学研究機構 特任教授
2007-2014 大阪大学生命機能研究科 准教授
2014-2016 東京工業大学 生命理工学研究科 教授
2016- 東京工業大学 科学技術創成研究院 教授

専門分野
エピジェネティクス / 遺伝子発現制御 / ライブイメージング / 細胞核機能

細胞制御工学研究ユニット(IIR, Tokyo Tech)

 http://kimura-lab.bio.titech.ac.jp/
hkimura@bio.titech.ac.jp

グループ名:細胞生物学研究国際ハブグループ

研究ハイライト

  • クロマチン修飾と転写制御の生細胞動態

ニュース

  • 2016年9月
    ヒストンH4メチル化の生細胞計測に関する論文が米国科学誌「Journal of Molecular Biology」に掲載されました。
  • 2015年9月
    日本人で初めて「ロバート・フォイルゲン賞」を受賞しました。
  • 2014年9月
    遺伝子活性化の生細胞計によりヒストンアセチル化の役割を解明した論文が英国科学誌「Nature」に掲載されました。

主な受賞歴

  • 2009年
    日本細胞生物学会論文賞
  • 2015年
    Robert Feulgen Prize The Society for Histochemistry

主な論文

  • Sato Y, Kujirai T, Arai R, Asakawa H, Ohtsuki C, Horikoshi N, Yamagata K, Ueda J, Nagase T, Haraguchi T, Hiraoka Y, Kimura A, Kurumizaka H, Kimura H. A genetically encoded probe for live-cell imaging of H4K20 monomethylation. J Mol Biol 428, 3885-3902, 2016.
  • Hayashi-Takanaka Y, Maehara K, Harada A, Umehara T, Yokoyama S, Obuse C, Ohkawa Y, Nozaki N, Kimura H. Distribution of histone H4 modifications as revealed by a panel of specific monoclonal antibodies, Chromosome Res 23, 753-766, 2015.
  • Dias JD, Rito T, Torlai Triglia E, Kukalev A, Ferrai C, Chotalia M, Brookes E, Kimura H, Pombo A. Methylation of RNA polymerase II non-consensus Lysine residues marks early transcription in mammalian cells, eLife 4, e11215, 2015.
  • Strasevich TJ, Hayashi-Takanaka Y, Sato Y, Maehara K, Ohkawa Y, Sakata-Sogawa K, Tokunaga M, Nagase T, Nozaki N, McNally JG, Kimura H. Regulation of RNA polymerace Ⅱ activation by histone acetylation in single living cells. Nature 516, 272-275, 2014.
  • Hayashi-Takanaka Y, Stasevich TJ, Kurumizaka H, Nozaki N, Kimura H. Evaluation of chemical fluorescent dyes as a protein conjugation partner for live cell imaging. PLoS ONE 9, e106271, 2014.